コーポレート・コミュニケーション、IR、広報

2016年7月1日以降のコーポレート・コミュニケーション、IR、広報に関するイノベーションを評価します。
 
このカテゴリーのエントリーの際に提出していただく内容は以下の通りです。
a. 2016年7月1日以降のノミネートする革新的な業績に関する625ワード(日本語の場合1,250文字)以内の紹介文を添付して下さい。
b. 審査のためにノミネート内容を補足および説明するファイル、サンプル、URLを任意で当社のサーバーにアップロードしていただけます(任意ですが、強くお勧めします)。

Categories C03, C10 and C11 are sponsored by
 
C01.イノベーション(コミュニティー・リレーションズ/公共サービス広報)
C02.イノベーション(IR)
C03.イノベーション(メディア向け広報)
C04.イノベーション(一般向け広報)
C05.イノベーション(著名人起用)
C06.イノベーション(イベント利用)
C07.イノベーション(ソーシャルメディア利用)
C08.イノベーション(ビデオ利用)
C09.イノベーション(バイラル・メディア/口コミ利用)
C10.イノベーション・オブ・ザ・イヤー(広報代理店)
   ノミネートの際には以下の分野から3分野以上選び、2016年7月1日以降の活動について説明して下さい。代理店経営/体制、イベント、IR、メディア向け広報、ソーシャルメディア、ビデオ、著名人起用、バイラル・メディア/口コミ
C11.イノベーション・オブ・ザ・イヤー(コミュニケーションズ・チーム)
   ノミネートの際には以下の分野から3分野以上選び、2016年7月1日以降の活動について説明して下さい。部署またはチームの管理/体制、イベント、IR、メディア向け広報、ソーシャルメディア、ビデオ、著名人起用、バイラル・メディア/口コミ
C12.イノベーション・オブ・ザ・イヤー(コミュニケーションズ・プロフェッショナル)
   以下の分野から1分野以上選び、ノミネート対象者の2016年7月1日以降の活動について説明して下さい。イベント、IR、メディア向け広報、ソーシャルメディア、ビデオ、著名人起用、バイラル・メディア/口コミ

Subscribe to RSS - コーポレート・コミュニケーション、IR、広報